取り扱いブランド紹介

アレキサンダー・ワン

◆ALEXANDER WANG/アレキサンダー・ワン

若干24歳のアレキサンダー・ワンが、自身の名前を掲げて立ち上げたブランド「アレキサンダー・ワン」。 マーク・ジェイコブス、デレク・ラムなどでのインターンを経て独立。コレクションがVOGUE エディター達の目にとまり一気に注目を浴びる。上質の素材とシンプルかつ凝ったディティール、エッジの効いたデザインは、バーニーズ ニューヨークやインターナショナルギャラリービームス、ユナイテッドアローズ、リステアなどでも販売されています。 トップモデルが休日に着ている服としても有名なアレキサンダー・ワンはNYコレクションでも欠かせない存在。そんな彼がデザインする服は気負いしすぎずともどこかおしゃれなリアルク ローズ。品質も良く、一枚持っているととても重宝するブランドです。

オフィシャルサイト:http://www.alexanderwang.com/

ティーバイアレキサンダーワン

◆T by ALEXANDER WANG/ティーバイアレキサンダーワン

ニューヨークを代表する中国系若手デザイナーALEXANDER WANG。 サンフランシスコで生まれ、「パーソンズ・スクール・オブ・デザイン」でファッションを学んだ後、「マーク ジェイコブス」や「デレク ラム」、「ティーンヴォーグ」誌でのインターン経験を経て、2004年にデビュー。 ストリートスタイルに影響を受けたクールなコレクションが大人気。 2009年SPRINGからディフュージョンラインである、TシャツコレクションのT by ALEXANDER WANGを発表。今や世界中から注目を集めているブランドです。Alexanderwangよりはリーズナブルなブランドになり、Tシャツがメインでしたが、2010年FALLからジャケットやニット、パンツやワンピースなどもリリースされています。

オフィシャルサイト:http://www.alexanderwang.com/

バンドオブアウトサイダーズ

◆Boy. by BAND OF OUTSIDERS/バンドオブアウトサイダーズ

スコット・スタンベルグが手がける、Band of Outsiders のレディースラインとして2007年よりスタート。

メンズライクなアメリカンプレッピースタイルで、ネオトラッドブームを牽引する話題のブランド。アメリカントラッドを基調とし、伝統的な素材とテーラードの技術に自由な発想を取り入れる。単に、メンズアイテムをサイズダウンしたブランディングとは異なる、コンパクトなサイズ感とストイックなまでに落とし込まれる職人技。そのスタイルから作り出されるアイテムの数々は、アメリカントラッドをリアルクローズに昇華した斬新なスタイルを提案。

オフィシャルサイト:http://boy.bandofoutsiders.com/

ベス

◆BESS/ベス

ベスは2000年にジュエリー、アクセサリーブランドラインとしてダグ・アブラハム氏によって始まりました。2001年にはバーニーズNY,バーグドルフグッドマン、フレッドシーガル、ハーヴィーニコルスなどで販売されます。

ジュエリーの店舗は2002年にNYのEast 7thにオープンし、2002年春にダグラス氏がラルフローレンのランウェイでジュエリーラインを発表し世界中のラルフローレンブティックで販売されます。

2003年にはエリザベスストリート、ノリータ地区により大きい店舗を構え、2006年には以前のKeith Haring=Pop Shop スペースであったSOHO地区の292ラファイエットストリートに移転しました。

大きなスペースはカスタムヴィンテージのアパレルラインやhigh/lowヴィンテージのミックスされたジュエリーで埋めつくされ、ダグ氏はその後 2007年、ヴォーグのアクセサリーディレクターLauren du Pontとコラボし、バーグドルフグッドマンやベスで販売。瞬く間に、ベスは現在の場所である292ラファイエットストリートでMarc Jacobs, Anna Sui, Hedi Slimane, Domenico Dolce, Alexander Wang, Alexandre Herchcovich, Olivier Theyskens, Erin Wasson, Mary-Kate Olsonなどや、ファッションエディターや音楽、映画などで活躍するファッションピープル達の間で人気にとなります。

埃っぽい、切れ切れヴィクトリア調のものからPostpunk調のcustomヴィンテージにインスパイアーされたアイテムがベスのラファイエットスト リートにストックされています。

ダグ氏はL.A. pals Zac Vargas and Christine Detlefson とパートナーになり、2009年春にBESSのアパレルラインとフットウェアーラインをゴスからベス流グランジとしてひとつひとつ丁寧にデザインしているのです。

オフィシャルサイト:http://www.bess-nyc.com/

ビンバン

◆Bing Bang/ビンバン

ニューメキシコに育ち、サンフランシスコで彫刻、金属加工や溶接及び知識を学んだデザイナーのアナ・シェフィールドがNYで立ち上げたジュエリーブランド。彼女が得意とする板金アートをファッションアクセサリーに取り入れたクロスカルチャーなオリジナル ラインには、土っぽいあたたかみがあります。「BING BANG」というブランド名は板金を打ち付ける「バンバン」というサウンドから。緻密な計算に頼りきらない偶然性が魅力のデザインは山、草花、広い空などの故郷や自然が大きく影響。銅やシルバー、金などをうまくミックスし、ときにはレザーなどの異素材なども組み込んだシンプルでエレガントでありながら、どこかパンクっぽさをも感じさせます。アメリカ国内はもちろん、アジアやオーストラリアなど、取引先は国際的に広がっています。

オフィシャルサイト:http://bingbangnyc.com/

ビジュー アール・アイ

◆Bijou R.I/ビジュー アール・アイ

アートやカルチャーのバックグラウンドを持つデザイナー岩渕るみ子が2005年11月、アクセサリーブランドBijou R.Iを設立。

2006年春夏にデビューした2つのラインを持つアクセサリーブランド。

シグネチャーラインのBijou R.I by Rumiko Iwabuchiは、トレンドに合わせてコーディネートできる、ファッションを楽しむためのアクセサリー。

デザイナー自身の独特なミックス感覚で、旬のモードをリアルに落とし込んだエッジーなライン。

ファーストラインののBijou R.Iは、18金・10金・シルバー・ダイヤモンド・ルビー・サファイヤなど、ラグジュアリーな素材を用いながら、

これまでにはなかったスタイリッシュなモチーフ使いにトライしています。

個人のパーソナリティーを尊重し、ハイクラスな質感にこだわった、どんなシーンにもつけられるジュエリー。

どちらのラインもオリジナルパーツにこだわり、デザイナーのバックグラウンドである音楽やカルチャーが大きなイメージソースとなっています。

オフィシャルサイト:http://www.bijoou.com/

カミラ・スコフガード

◆Camilla Skovgaard/カミラ・スコフガード

Camilla Skovgaard(カミラ・スコフガード)は、2004年に創立されたUKのシューズブランド。 パリでオートクチュールを学んだ経歴を持つデザイナーが作り出すシューズは、洗練されたデザインながら見た目からは想像できないほどの履きやすさも魅力。

モードでクールなデザインとシグニチャーとも言えるSaw Soleが特徴的で、NYでも人気の高いシューズブランドです。

オープニングセレモニーなどのハイブランド取扱いデパート・セレクトショップで取り扱われています。

Duplex Closetは、国内で数少ない正規ディラー店になります。

オフィシャルサイト:http://www.camillaskovgaard.com/

◆CHRISTYS'/クリスティーズ

1773年に創業、イギリスの誇る老舗帽子ブランド“Christys' London”その中でも、アメリカ文化を意識したライン“Christys' Crown”シリーズ。取り扱う帽子には上質の素材を使用した、上品なデザインからカジュアルなものまで幅広く、伝統的なデザインが特徴的ですが、現代風のデザインも取り入れ、キットソン等でも販売されるようになりました。リンジー・ローハンやパリス・ヒルトン、ケイト・モス、アシュ リー・シンプソンなどが愛用し、セレブにも大人気の帽子ブランドです。

オフィシャルサイト:http://christyshats.com/

カレント・エリオット

◆CURRENT ELLIOTT/カレント・エリオット

2008年、それまでスタイリストとして活躍していたEmily Current(エミリー・カレント)とMeritt Elliott(メリット・エリオット)の二人が、現在同じブランドのCEOとなるSerge Azriani(セルジュ・アズ リア)との出会いによって生まれたカリフォルニア生まれのジーンズブランド。スタイリストの経験で育まれた二人の、並外れたアイディアとそして高い美意識を基に、二人は新しいデ ニム作りに没頭し、やがて彼らの、特にボーイフレンドデニムは、ニューアメリカンクラシックとして一躍注目の的に。しかし、彼らが目指すのは単に流行では なく、ヴィンティージのように、時を経ても褪せない、永遠に愛せる服作り。WEAR FOR LOVE。タイムレスなファッションを目指し、彼らのクリエイティブ作りは続きます。ジェシカ・アルバ、サラ・ジェシカパーカー、ケイト・モスなどが愛用し、セレブにも大人気のブランドです。

オフィシャルサイト:http://www.currentelliott.com/

◆Denim&Thread/ デニム アンド スレッド

今シーズン日本発上陸となるシドニー発デニムブランド、Denim&Threadがdualに登場です。クラシック・スタイルの素材からインスパ イアされ、25ゲージの重めの糸を使用することで伝統的なデニムに忠実な質感を再現しています。 生産と構造に特にこだわった二人のデニム作りは、フロントボタンやポケットの位置、リベットなどのディテールに焦点を当て、シルエットはウエストラインを スリムに、丈夫に仕上げています。 すでにアメリカではOak(N.Y.)、American Rag(L.A.)、Seven(N.Y.)、Scout(L.A.)、その他多くのSHOPで取り扱われているDenim&Thread。日本 でも要注目なブランドとなりそうです。

オフィシャルサイト:http://www.denimandthread.com/

デュアル

◆dual/デュアル

「dual」デュアルはブラジルブランドjuliana jabour・drosofila・GLORIA COELHO・carlota joakinaやオーストラリアブランドalice McCALL・COHEN et SABINE等、人気インポートウェアを取り扱う人気スタイリスト、デザイナー、モデルも足を運ぶ青山にあるショールーム。

世界のファッション都市より集めた最先端の情報を、デュアルならではのオリジナリティのあるアイデアで発信しています。

スタイリッシュでありたいすべての女性、オフデューティーもシックでいたい、スペシャルな日はもっとスペシャルな一日を過ごしたい、欲張りな私達の気分を満たしてくれるデュアルです。

オフィシャルサイト:http://www.dualtokyo.com/

フライ

◆FRYE/ フライ

「FRYE」フライは1863年John A. Fryeによって設立された100年以上の歴史を持つアメリカで最も古い靴のメーカーです。

ベンチクラフト製法により一つ一つ時間をかけて丹念に手作業で作り上げられています。

アメリカ南北戦争時にフライのブーツが使われたということでも知られているようにクオリティの高さでも定評があります。

ケイトモス、リンジーローハン、パリスヒルトン、オルセン姉妹、日本では梨花さんや平子理沙さんなど愛用しています。

オフィシャルサイト:http://www.thefryecompany.com/

ジェフリー・キャンベル

◆Jeffrey Campbell/ジェフリー・キャンベル

Jeffrey Campbellジェフリーキャンベル)は、スペインで創業されたシューズブランド。

ヨーロッパを中心に、Jeffrey Campbellへの人気が高まり、そのニーズに応じて、欧米市場に徐々に浸透していきました。

サンダルからバレエシューズ、ブーツ、そのクオリティーにLAセレブ ご用達ショップ"kitson"のバイヤーが目を付け、

人気が全米中に広まったと言われています。現在でも数多くのLAセレブに愛用されている話題の シューズブランドです。

世界を代表するバイヤー達が、毎シーズンJeffrey Campbellを発注しているのが、その品質とデザインの高さを示しています。

インポートブランドシューズなのに、プライスがお求めやすいのが日本でも人気の秘訣。

オフィシャルサイト:
http://www.jeffreycampbellshoes.com

◆JUNK FOOD/ジャンクフード

「JUNK FOOD」ジャンク・フードは、1999年ブレインとナタリーの二人がアメリカLAで立ち上げたTシャツブランド。

ユーズド感あるプリントや、タイトなシルエットが特徴的。ROLLING STONESなどのロックTシャツやスマーフなどのキャラクターTシャツが人気です。

オフィシャルサイト:http://www.junkfoodclothing.com/

ミネトンカ

◆MINNETONKA/ ミネトンカ

1946年にアメリカで生まれた、オーセンティックなインディアンモカシンで有名なシューズブランド。半世紀以上経った今でも、熟練職人がハンドメイドで作るモカシンは、一点一点違う表情を見せ、その独特の風合いが人気の秘密です。モカシンとは、北米インディアンが履いていたヒール部分のないスリッポン式の短靴や長靴の総称であったもので、「1枚の皮で足を包む」という意味に由来すると言われていています。モカシンブーツは、ミネトンカの代名詞と言われており、メンズ・レ ディースを問わず、世界中の人から愛されています。ケイト・モスやリンジー・ローハン、ニコール・リッチなどのLA有名セレブをはじめ、日本の有名モデルも愛用しているブランドです。

オフィシャルサイト:http://www.minnetonka.es/

アールサーティーン

◆R13/ アールサーティーン

2009年のコレクションデビューと同時に、ニューヨークブランドの仲間入りを果たしたR13。アメリカンロックをインスピレーション源とし、スキニーレギンスやハーレムパンツなど、アバンギャルドなシルエットを意識したコレクションを得意とする。イタリアやトルコ産のデニム地を使用し、色落ち、加工、縫製と、ビンテージの風合いを大切にする。R13は、常にブランドのミューズを意識し、コレクションを制作する。R13がイメージしている女性像は、冷酷なまでにクールな目元と無造作なヘアースタイルで、内向的だが内には秘めた情熱を持つセクシーな女性。本能的に時代の先を行き、何事も楽々とこなすクールな女性。優雅で上品な振る舞い、決して人の弱みに付け込む様な事はせず、いつも自信に溢れている女性。そして、タフで男性の様な面も持ち合わせ、ロックンロールスピリットを常に心の片隅に持つ女性。この条件に見合う女性をも満足させられるデニムを生産する事を、R13は誓う。

オフィシャルサイト:http://www.r13denim.com//

ラグアンドボーン

◆rag&bone/ラグアンドボーン

「rag&bone」ラグアンドボーンは、デザイナー、David NevilleとMarcus Wainwrightによって2001年に立ち上げられたUSA(NY)ブランド。

彼らが最初に目指したのは自分たちが着たい着心地の良いデニムのデザイン。

すべてのアイテムに"Handemade In Newyork "と明記されているように彼らのデザインするアイテムは熟練した職人の手によって作られています。

2004年にはメンズラインを発表、続く2005年レディースラインを発表する。

2006年にニューヨークコレクション初参加し、より洗練された都会的アメリカンカジュアルを提案している注目ブランドです。

オフィシャルサイト:http://www.rag-bone.com/

ラス

◆ras/ラス

「ras」ラスはドイツ人デザイナー、パウ・ラウ氏を迎えて1995年にスタートしたスペインのシューズブランドです。

業界ではまだまだ若いブランドという位置付けですが、日本では大手セレクトショップが取り扱う人気シューズブランド。

ポップなカラー使いやデザインがスペインブランドらしく、エスパドリューサンダルからフラットシューズまでデザインも豊富です。

オフィシャルサイト:http://www.rasshoes.com/

◆Salon/ サロン

1999年デザイナー酒井伸子さんが「Salon」を立ち上げ、シューズブランドとしてスタート。

デザイン性の高さに加え、靴底にクッションが敷かれていたり、日本人の足を考慮した木型を使用するなど履き易さにも定評があります。

可愛いさの中にもどこか毒さを感じさせるシューズが魅力です。

オフィシャルサイト:http://www.salonbtq.com/

ソース

◆Sauce/ ソース

NY発 09春よりコレクションスタートの新ブランド。 デザイナーのChristina Minasian(クリスティーナ・ミナシアン)はR&Bを代表するディーバ、ローリン・ヒルのスタイリストとして活躍していた。その後ロスのセレブ御用達セレクトショップ“KITSON”のヘッドバイヤーを務め、自身のブランドPency(ペンシー)でデザイナーとしてデビュー。彼女のセカンドブランドとして登場したのがこのブランド。 次々にヒットを生み出し、そのセンスを買われセレブのスタイリストとしても活躍。 着心地の良いジャージーやスウェット素材に、女の子達の心をぎゅっとつかむラブリーな遊び心とNYらしい洗練が程よくプラスされたアイテム達が揃います。 パリスやリンジー、アシュリー・ティスディルなどのセレブもお気に入りで、Barneysなど高感度なセレクトショップでお取り扱いされています。

◆Sea NY/シー ニューヨーク

Monica Paolini(モニカ・パオリーニ)とSean Monahan(ショーン・モナハン)がデザインを手掛けるSea New York (シー ニューヨーク)。ショーンはデザインディレクターとして活躍していたモニカを手伝いながらデザインを始め、2007年シー ニューヨークをスタート。2009年4月には、ジルスチュアートでヘッドデザイナーとして活躍していたモニカも、シー ニューヨークに参加。モダンでフェミニン、軽やかなひねりが加えられたコレクションは楽しげな雰囲気に満ち、現在多くのファンから愛されています。

オフィシャルサイト:http://www.sea-ny.com/

セネカ・ライジング

◆SENECA RISING/セネカ・ライジング

2008年夏に設立し、2009年春からコレクションをスタートしたばかりの新鋭ブランドです。 SENECA RISING(セネカライジング)というブランドは、デザイナーであるAndi Ballardが2008年に立ち上げたブランド。幼いころに兄に手をひかれて行った古着屋で、おてんば娘が胸を高鳴らせ目を輝かせた気持ちが、まさにSeneca Rising のバックボーン。 彼女がいつも好んで身につけるイージーシルエットといい、デザイナーのキャラクターそのままのようなコレクション。 うっとりするほど柔らかなティシューウェイトと呼ばれるコットンにヴィンテージライクなプリントのアイテムはレイヤードすると一層素敵になるが特徴です。 ヴィンテージが大好きというデザイナーのAndi。インスピレーションはクローゼットいっぱいのヴィンテージコレクションと音楽。イージーシルエットにノ スタルジックな雰囲気の優しいお洋服達は、昔からずっとクローゼットにあるような、大好きな1着になるはず。

オフィシャルサイト:http://www.senecarising.com/

◆Tolani/ トラーニ

Tolani(トラーニ)は、オールハンドメイドと天然素材にこだわった民族調のデザインが特徴のLA発ブランドです。

しなやかで繊細な質感・光沢や色の鮮やかさが特徴の高級素材からなるストールは、トレンドであるアニマルプリントやエスニックプリントが人気です。

ジェシカ・アルバ、リンジー・ローハン、オルセン姉妹をはじめ、一部のセレブが愛用しは じめたことにより人気が出てきたブランドになります。

オフィシャルサイト:http://www.tolanicollection.com/